上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
正面


レース針とは知らず大変な苦難を自ら招きましたが、なんとか完成しました♪
HEMPでラインを入れたら可愛い感じになるはずと試したかったのです。
苦行はさることながら、見かけはイイ感じに仕上がりました。
金具はマグネットを使いました。

お金を入れたところ


これは500円15枚を入れてみたところです。
結構入りました。
全部入れてから振って見たり逆さにしたり、いろいろテストしてみましたが大丈夫、落ちてきませんでした。

横から見ると


結構入れてる割には厚みが出ない仕上がりになりました。
良かった~~~~
無事に完成^^v
嬉しい限りです。

ところで余談ですが、私が必死に型紙を起こして革を裁っていたのですが、相方は「実寸でMACで出せるのに…憶えたら?」
と言われ、憶えてみることに。
あんなに時間がかかったのに、5分もかからずサクサク作成
プリントアウト
ずれも無し

これは憶えた方が、何かとお得。
しかも大体のイメージがとれちゃうという利点付き
これを憶えるのに、さて、どれだけ時間がかかる事やら…

しかも相方の嫁入り道具の使っていなかったダイニングテーブルで作業していたのですが、ゴムを突き抜け菱目がつやつやのテーブルに点々と~~~~~~!!!!

趣味が増えると相方の被害も心なしか増えている気がしたりなんかり…
謝りましたが、
相方は怒ることなく親切にMACを教えてくれました(スパルタ式で)
有り難や
スポンサーサイト
2006.06.21 
でっきる~かな♪


一時間で出来たこと

パターンを作り、革をたち、ステッチ二本を縫い

針を折りました



折れるんですね、この針…
悲しい…

縫い目も2本目から揃ってきて、ちょっぴり満足です。
良いのが出来ると良いな~

先日YAMAさん紹介の本を買いに行ったのですがやっぱりなくって、
そのまま帰ろうとしたら、面白い本に出会いました

古屋加江子の和のペインティング 古屋加江子の和のペインティング
古屋 加江子 (2003/10)
日本ヴォーグ社
この商品の詳細を見る



綺麗な本でした。
日本とトールペインティングって合うんですね~
見事お持ち帰りコースでした。
この本のお陰で、今月の予算は一杯一杯
通販で買うことにしますわ^^;
2006.06.19 
手縫いで作る革のカバン 手縫いで作る革のカバン
野谷 久仁子 (2004/09)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る


先日帰り道の本屋で見つけたこの本。
迷いに迷ってついに購入!
風邪を引き咳が止まらないのにやっぱりやっちゃいました。
型紙がないので自分で大きさを決めて、型紙をおこし、
小さなコインケースを作りました

全体像


何ともいえず凄くあか抜けてません
ちょっとあけてみます

開いたところ



こんな感じに仕上がりました。
床はトコノールという物で磨きましたが、確かに仕上がりは美しいです。
ええ、その部分だけ光り輝いています。
練習のため端材を使ったのですがイマイチ選んだ物が悪かったのか自分で作っておきながら何かが違うと激しく感じました。
余りの違和感にこっそり相方のREDWINGのミンクオイルを一塗り失敬。
ひどい違和感からは何とか脱出出来ました。

クラフト社のクラフト針で縫い上げたのですが、針のわきの小さな出っ張りに革が引っかかり針が抜けず苦労したけど、ちょっとしたこつをつかんだらそんなに時間はかからずに済みました。
縫うために使った時間は1時。
慣れたらもっとスムーズに仕上げられそうです。

次回はもっと凝ったデザインとかに挑戦したいですね~♪
久しぶりに充実した時間を過ごしました♪

P.S
咳はちっとも治まらず今頃後悔
今週こそ風邪を治すぞ~!(←GWからの風邪)
2006.06.04