上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
やっと部屋の台所を磨き終りました
磨いたのは相方
荷物も少しだけ移動しました
あとは捨てるのはもう細かいものだけ
大分綺麗になりました
ごみ箱行きは大体軽トラてんこ盛り二台~3台程
もうごみ袋見たくありません
とにかく本が凄い!
仕事関係、クラフト関係、PC関係、文学、漫画
入れていた本棚は既に重みに耐えきれず真ん中が凹んで解体にも一苦労
これからは本も出来るだけ買うの止めよう…
母から貰った新戸部稲造の武士道がでてきたのでもう一度読み返しています。
日本語は、美しい…。
スポンサーサイト
2007.03.26 
はい、引っ越しです☆

時間的に2回しか家庭ゴミの自己搬入が出来ない状態でしたので
死にものぐるいでした。

しかし…、これってどうすればいいの・・!?
ってゴミ結構ありました。
まず、3年もののお米(3合分)
普通に燃えるゴミで良いんだよね・・?
ヴィッグ各種…、燃えるゴミ・・?
プラなんだか、燃えるんだかさっぱり分からないものもあり、
ハンガー類なんかも燃えるゴミの袋に入れること自体抵抗が(^^;

「分ける君」ガイドラインを読んで(笑)普段はゴミの種類について、
分け方を憶えておいて休日に一気に型つけよう!って思っていたのに出だしからコケる。
あり得ない量のゴミをせっせと車に詰め込み、安全確認に必要な所だけ
視界を確保していざ出発!

町中を横切るため渋滞していて行くのに一時間以上かかって、
大嫌いな坂道発進も「勝つ!!」(このぐらい嫌い)
と10回ほど唱え。(しかも坂道ばっかりなんです)

もう処理場に着いた頃にはぐったりでした。
でも手続きを踏んで、あんなに時間をかけて分けたゴミ達が、
同じ所に放り込まれていて、どうやら更にそちらの施設で一行程あるみたいでした。
1時間半かけて詰め込んだのに、下ろすの3分ほど…。
疲れちゃって今日はもういいやって思ったけれど、
あの部屋の状態をそのまま放置出来るわけもなく。

帰り道は40分。

2回戦は疲れのために集中力0のまま効率悪い仕事をしてしまい、
あっという間に制限時間ぎりぎりで、家を飛び出しました。
着いたら30分以上も閉店?時間に余裕があっって安心しました。

で、家に帰ってご飯の下ごしらえ。
そっからまた自分の家に戻って今度は大本命「食器棚」を
一人で無理矢理持ち上げ担いだりオンブしたり、何度も休み休み
車にやっとこ乗せて、出発。

そして、相方の家に着いたはいいのですが、部屋は2階。
これまたオンブしたりだっこしたり明らかに相方より食器棚のほうが
でかい!!!!チビの私には無謀だったかなとも思ったけど、
乗り切りました(^^)v

仕事から帰った相方が「俺が手伝えばもっと楽だったのに」
と言われましたが、やっぱり自分の荷物だしね☆
相方が捨てるはずだった食器棚を「欲しい」というので
持ってきて綺麗に磨いたら、まだまだ綺麗で痛みも少なく、
捨てなくて良かった(^^)って心から思いました。

でも食器棚のお陰でバーナーの前が超スペースが狭くなりつつあります。
ここから新居に越すまでもしかしたらバーナーお休みになってしまいそうです。
2007.03.14 
簪とトンボ玉


簪を作ろう作ろうと思っていながらなかなか重い腰が
あがらなかったのですが、簪のベースを一つ作ったら
意外に簡単に作れたので、勢いでもう一つ作ってみました。

まだ調整中で、どうやったら木と玉を生かせるか、試行錯誤中です。
カツラを合わせて、チェーンにビーズはオーソドックスでとてもイイと思うのですが、玉のイメージもあるので、何も合わせないでシンプルにこのままってのもありかなと思いました。

火傷の痕もかさぶたが落ち、多少ガラスがはねてもドキドキしなくなりました。

インサイドアウトもやったのですが、めっちゃくっちゃ失敗したので
没玉瓶行き。
ある程度形の良いものはガラスのティーカップに水を張って眺めて楽しんでいます。
電気釜があったら、フュージングも出来るのでしょうが、
引っ越しもあるので今は我慢我慢。

まだまだ楽しみがあるので、それで元気になってみようかと思っています。
2007.03.04