上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
DSC00157.jpg


急な話だったのですが、前回の教室を終えた後、何とか近くて通えそうな、お小遣いの範囲で通えそうな、それでいて素敵な先生はいないかと探していたら、ありました!3拍子そろった教室が!
先生の作品も2点ほど拝見してみたのですが、優しく繊細な玉を作られる方でした。
職場から車で10~15分ほどですが仕事の関係もあるので、とにかく細かくお話をして、断られちゃったら仕方ないなあと思って行ってみたのですが!
電話でまずアポを取り、じゃあ体験してみてからにしましょうか?
と言う事で行く事にしました。

これがまたとっても優しい先生でした。
わからないことは同じ事だろうがナンだろうが何回でも聞いてくださいとニコニコしておはなししてくれたのでこちらも少しづつ緊張が解けました。

でも!
初めての事ばっかりで驚きでした。
まづ、眼鏡!
ディディなんとかというサングラスをつけての作業になりました。
これが重いの何の…。
でも目を守るための事なので(バーナーの炎で裸眼での作業は、白内障などになりやすいとのこと)アメリカでは義務化されているそうなんです。
そこの教室でもできるだけ付けるようにとの事でした。
はじめからそれで作業してしまえば、なれちゃうんだそうです。

あとは余熱台もはじめて見ました。(バーナーの炎に近いところにメタルラックみたいな小さな台を置いてガラス棒を温めるもの)
こうするとガラスが割れて飛び散ることが少なくなるのだそうです。

そして焼きしめという作業だと思うのですが、離型剤を乾かしたものをバーナーで焼いて。
そこからガラスを巻き取っていく作業へと移行しました。
トンボ玉についてのいろんなフェスティバルやイベントなどのお話をしてあっという間に時間が過ぎていきました。

しかも!作り終わったあと玉が冷えるのを待ちながらおやつまで出していただきました(^^
バナナチョコパフェでした~

雰囲気もほのぼの
来月から週1ペースでやってみようかと思います。
これからの楽しみが増えてますます歯医者頑張らなきゃ!!って感じです(><

たくさん書きたいことがあるんですが明日も仕事なので寝てみようと思います。

スポンサーサイト
2005.07.29 
Secret